2009年12月24日アーカイブ

スパインウェーブ 背骨の波エクササイズスパインウェーブ 背骨の波エクササイズ
江橋 洋
青志社 刊
発売日 2008-09



癒されます☆ 2009-09-23
去年買ってしばらくやった後、またやり始めました♪


同じく評価が良かったRPBと比べるとこちらの方がやりやすかったですo(^-^)o


美しい海や空の背景や波の音に癒されます☆

体が固く、体力がない私でも無理なく出来ます(^O^)


☆一つ減らしたのは沢山息を吸ったり吐いたりするので、15分とか25分はちょっとキツカったからです。
次回作も発売されるので期待したいです♪


さらに詳しい情報はコチラ★


AERA with Baby スペシャル保存版 0歳からの子育てバイブル (アエラムック)AERA with Baby スペシャル保存版 0歳からの子育てバイブル (アエラムック)
教育・ジュニア編集部
朝日新聞出版 刊
発売日 2008-08-09



読ませてくれます 2009-11-17
さすがアエラ。

他のベビー雑誌と比べ内容が読ませてくれます。アエラから出版されたベビー本は全て購入しています。


さらに詳しい情報はコチラ★


Dioconnect 180度回転式液晶搭載 9インチポータブルDVDプレーヤー CPRM・SD/USB/MSカード対応 キャリーバッグ付き DPD-900BK <31422>Dioconnect 180度回転式液晶搭載 9インチポータブルDVDプレーヤー CPRM・SD/USB/MSカード対応 キャリーバッグ付き DPD-900BK <31422>



カッコイイです。 2009-12-08
使っていたDVDプレーヤーが壊れ、新しいものを探しているときにこの商品を見つけました。届いた時の印象は、箱がカッコイイってことと、箱内の梱包が以前買ったDVDプレーヤーに比べ格段に良かった事ですね。



商品自体は、重さも軽めで持ち運びに苦にならないし、画質も全く問題ないし、画面も大きいしと、かなり満足してます。

ディスクを入れる部分の蓋の作りが若干他の部分と比べて簡易的なイメージを感じましたが、使用する際に特に問題はないので、かなり満足です。


さらに詳しい情報はコチラ★


Pioneer DVDプレーヤー USB端子搭載 DV-310 |

Pioneer DVDプレーヤー USB端子搭載 DV-310Pioneer DVDプレーヤー USB端子搭載 DV-310


高画質再生に加え、映像や音楽など多様なメディアを楽しめる。USB端子を搭載した、多機能DVDプレーヤー。 /

使用環境によって410Vと使い分けを 2009-09-08
ハイビジョンテレビで使用するのであれば、HDMI接続可能な上位機種410Vを購入したほうが無難です。画質に関してはD2接続が最高画質となるので、ハイビジョンテレビで使用すると画質の荒さが目立つのは仕方のないことですが、ブラウンカンテレビや、小型液晶テレビであまり画質にこだわらない場合は、再生ファイルも豊富でおススメです。


さらに詳しい情報はコチラ★


Nikon デジタル一眼レフカメラ D5000 ダブルズームキット D5000WZNikon デジタル一眼レフカメラ D5000 ダブルズームキット D5000WZ


撮影アングルを自在に調整できる、バリアングル液晶モニター採用。撮る自由と楽しさが広がる、ニコン デジタル一眼レフカメラD5000

有効画素数12.3メガピクセルのニコンDXフォーマットCMOSセンサー
???撮像素子には、同社上位機種と同等の有効画素数12.3メガピクセルのニコンDXフォーマットCMOSセンサーを採用。高画質と高速読み出しに優れ、きわめて高精細な画像をスピーディに提供。


暗い場所やスポーツの撮影に応える高感度ISO 3200対応
???ISO200からISO3200まで幅広い感度で撮影可能。また、Lo1(ISO100相当)までの減感やHi1(ISO6400相当)までの増感設定もできる。ISO800以上での撮影時にはノイズ低減機能が作動し、暗い場所での撮影や動きの激しいスポーツシーンの撮影などに効果を発揮。

ニコン独自の「EXPEED」コンセプトに基づいた新開発画像処理システム
?「EXPEED」は、ニコンが長年にわたって培ってきた、きれいなデジタル写真に対する考え方やノウハウ、テクノロジーを集大成した独自の画像処理コンセプト。高精細化、高画質化はもちろん、高速連写や高速カード書き込み、高感度撮影時のノイズ低減やライブビュー撮影時のコントラストAF、倍率色収差補正などを実現する。12.3メガピクセルの撮像素子の性能をフルに引き出し、豊かな階調表現、鮮やかな色彩表現で“きれい”な写真を撮とることができる。


くるりと回転、自由に撮影アングルを変えられる2.7型バリアングル液晶モニター
???高精細約23万ドット、視野率100%の2.7型液晶モニターを搭載。液晶モニターは、手前に180°開き、開いた状態で反時計回りに180°、時計回りに90°までくるりと回転する。液晶モニターを見ながら撮影できるライブビューとの組み合わせで、いままでにないローアングルやハイアングルから、自由に被写体を狙うことができ、写真を撮る楽しさが一段と広がる。自分撮りも可能。


コンパクトデジタルカメラのように、モニターを見ながら写せるライブビュー撮影
???ライブビューボタンを押すだけで、液晶モニターを見ながらのライブビュー撮影ができるので、デジタル一眼レフカメラが初めての方でも安心。バリアングル液晶モニターだから、自由なアングルから被写体を狙える。ローアングルでのフレーミングもしやすく、動き回る子供やペットも簡単に楽しく撮影可能。また、カメラを横位置にしても縦位置にしても、モニターがじゃまにならずしっかり両手でグリップできる。


ライブビュー撮影時は、高精度コントラストAFを採用。撮影シーンに合わせて4つのAFモードを選べる

・ターゲット追尾
???指定した被写体をカメラが記憶して、被写体が動いても自動的に追尾。しかも、被写体がフレームから一瞬外れても、再びフレームに入ったときに自動的に被写体を再追尾。

・顔認識AF
???人物の顔を最大5人までカメラが認識し、いちばん近いと認識した顔にピントを合わせる。フレームの中で人が移動しても、カメラが顔を追尾して、しっかりピントを合わせる。

・ノーマルエリアAF
???ピンポイントでピントを合わせたいときにぴったり。また、三脚を立てて、かっちりと構図を決めて撮影するときにもこのモードで。AFエリアは、画面内で自由に移動可能。

・ワイドエリアAF
???AFエリアが広いので、手持ちでのアクティブな撮影に便利。AFエリアは画面内で自由に移動できるので、思い通りの構図でAF撮影ができる。

動画撮影機能「Dムービー」搭載。撮った映像はHDTVでも楽しる
???動画撮影ができるのもD5000の大きな魅力の一つ。多彩な交換レンズを使ってデジタル一眼レフカメラならではの動画撮影を。一般的なビデオカメラに比べ撮像素子が大きいので、背景のボケを活かした撮影も可能で暗い場所でもきれいな動画が撮れる。カメラ本体にスピーカーを内蔵しているので、撮った映像をその場で見ることも可能。もちろん、高精細テレビ(HDTV)や通常のテレビ、パソコンなどでも見て楽しめる。

シーンモードで、思いどおりの写真がすぐに撮れる
???シーンモード撮影なら、そのシーンにあった設定で美しい写真が簡単に撮れる。ポートレートや風景などよく使う6種類のシーンモードは、撮影モードダイヤルから選べ、その他の13種類のシーンモードは、撮影モードダイヤルを「SCENE」に合わせて、コマンドダイヤルを回して選べる。例えば、夕焼けの写真を撮りたいときは、「夕焼け」モードを選択すれば、情感のある夕暮れの風景を美しく表現できる設定になる。後は構図を決めてシャッターを押すだけ。素早く、簡単に、イメージどおりの写真を撮ることが可能。


・撮影モードダイヤルから選べるシーンモード:
???ポートレート/風景/こどもスナップ/スポーツ/クローズアップ/夜景ポートレート
・撮影メニューから選べるシーンモード:
???夜景/パーティー/海・雪/夕焼け/トワイライト/ペット/キャンドルライト/桜/紅葉/料理/シルエット/ハイキー/ローキー

撮った画像をすぐに探せる、豊富な再生表示
???撮った画像は液晶モニターですぐに確認。その際、モニターに表示する画像の数を1コマ、4コマ、9 コマ、72コマから選べる。さらに、画像を撮影日ごとに見やすく表示する「カレンダー表示」やRGBの「ヒストグラム表示」も可能。「拡大ヒストグラム表示」では、画像の拡大領域のヒストグラムも表示できる。


KissX3との比較で 2009-12-24
自分ではNikon D5000のダブルズームキット,

職場の手作り広報ではCanon Kiss X3のダブルズームキットを使用しています。



それぞれ2ヶ月程度使用して比較した感想です。



D5000の○

・様々な設定が直感的に行いやすい(操作ボタンがディスプレイ左右に配置されているおかげ?)

・カメラ,レンズの質感が高い

・バリアングルモニターは想像以上に面白い画を撮る事ができる

・AFが迷いにくく,一度決まれば食いつきがよい

・シーンモードが多彩で,難しいことを考えずに撮りたい人でも綺麗な画が撮れる

・本体の編集メニューが豊富

・取り扱い説明書が読みやすく,初心者が無駄な参考書を買う必要がない

・露出ディレーモードは三脚を使っての撮影で非常に有効



Kiss X3の○

・AFが速い

・D5000より軽い

・付属望遠ズームのテレ側250mm(D5000は200mm)

・付属ソフトウェアの操作性はnikonより良い

・液晶画面がきれい。



D5000の×

・Kiss X3より重い

・液晶の画素数が27万と少なく,確認画面は構図確認程度にしか使えない。

・ViewNXはインターフェースに改善の余地あり



Kiss X3の×

・AFが迷うことがD5000よりも多い

・軽い分,ボディがチャチで頼りなく感じる

・設定がしづらい

・高感度にやや弱い





ムービーは全然使わないのでノーコメントです。

色々書きましたが,初めてデジイチを所有する人であれば,

どちらとも新しい世界を教えてくれるカメラだと思います。

個人的にはD5000のほうが気に入っています(単純所有効果かもしれませんが)。

画素数の比較で気にされる方がいますが,よほど引き伸ばさない限り有意差はありませんし,

むしろ画素数が上がることで高感度特性が犠牲になることのほうが問題だと思います。


さらに詳しい情報はコチラ★


RICOH デジタルカメラ GR DIGITAL III GRDIGITAL3 |

RICOH デジタルカメラ GR DIGITAL III GRDIGITAL3RICOH デジタルカメラ GR DIGITAL III GRDIGITAL3


■GR史上最高画質
写真家の理想に迫る、GR LENS 28mm/F1.9
???画質優先なら、より低ISO感度に。シャッターチャンス優先なら、より高速シャッタースピードに。F1.9が、表現の自由と撮れる世界を拡大する。

卓越した光学性能
???新GR LENSは、薄型収納に適した従来の基本構成を継承しつつ、後群に1群2枚のレンズを加えてコマ収差を低減。さらに、3枚の特殊低分散レンズを用いて色収差を抑え、高い解像力とコントラストを獲得。2枚の高精度非球面レンズの採用により、歪曲収差もほとんど目立たない。この高性能レンズを実現するため、高精度製造プロセスと専用調整システムを新開発した。


ゴーストから解放。優れた逆光性能
???画質を低下させる原因のひとつ、ゴースト。その解消をめざし、GR LENSを構成するすべてのレンズにそれぞれ最適化したマルチコーティングを施した。さらに、独自のシミュレーションを繰り返し、わずかに残る反射光ができる限りCCDに入射しないよう、レンズの曲率をはじめとする最適条件を決定。これにより、特に画面外の光源(太陽など)に起因するゴーストの発生を抑え込むことに成功した。

低ノイズ・高精細な画像を生み出す、GR ENGINE III
???新開発の画像処理エンジン、GR ENGINE III。CCDからの出力状態に近い信号を処理することで、きめ細やかなノイズ低減処理が可能に。解像度・彩度を維持しながら、各種ノイズを効果的に低減する。さらに、色再現性、階調性も大幅に向上。高画質の源泉、1000万画素 高感度CCDとAFE画素数の増加は敢えて選ばず、従来と比べて約2倍(GRDIGITAL II比)の高感度を誇る、新CCDを採用。ISO 200時でも、従来のISO100以上の画質性能を実現。

白とびを抑えた、リアリティのある画像。画素出力補間アルゴリズム
???白とびを抑える、独自の画像処理技術、画素出力補間アルゴリズムを採用。各画素の出力を比較し、白とび部分の画像情報を予測・補間。最大で+1EV相当までダイナミックレンジを拡大。この豊富な情報からJPEGを生成するため、同じ8bit(256階調)の画像でも、従来と比べて白とびが少なく、よりリアリティの高い作品が得らる。

ミックス光源に有効な、マルチパターンAUTOホワイトバランス
???日向と日陰、フラッシュ光と定常光。このように複数の光源が混在するシーンでも、光源に応じて画面を領域分割し、それぞれに適当なホワイトバランスを適用。被写体と背景、どちらも撮影時の印象に近い色合いで、バランスよく表現できる。

■俊敏なレスポンス
低輝度環境に強い高速AF
???一般的に低速でフォーカス駆動し、コントラストを検出しなければならない暗いシーンでも、スムーズで俊敏なAFを実現。レスポンスよく合焦し、快適な撮影が可能。

一瞬のシャッターチャンスを逃がさない、フルプレススナップ
???フルプレススナップはシャッターボタンを半押しするとAFが動作し、シャッターボタンを一気に押し込むと設定した距離(1m/2.5m/5m/∞)で撮影する速写機能。設定距離は簡単な操作で変更することが可能。一気押しの場合はAF動作を行わないため、撮りたい"今"を逃さない。
※[ON][OFF]選択可。[フォーカス]で[マルチAF]または[スポットAF]選択時のみ設定可能。
※▲ボタンを押しながらアップダウンダイヤルを回すと、フォーカス距離を変更可能。

一瞬のシャッターチャンスを逃さない、プレAF
???シャッターボタンを半押ししなくても、被写体の動きに応じてフォーカス駆動を行う。AFの予備動作を行なうことで、合焦時間を高速化する。
※[ON][OFF]選択可。[フォーカス]で[マルチAF]または[スポットAF]選択時のみ設定可能。
※[ON]の場合、[OFF]より電池の消耗が早くなります。

RAWの進化。連写と高速書き込み
???バッファメモリーの拡張により、RAWでも最大約5枚の連続撮影を実現。動きの速い被写体に対応できるほか、ブラケット撮影も可能になった。さらに、RAWのカード書き込み速度も高速化(3秒以下/1枚)。
※ノイズリダクション設定「OFF」時。「弱」「強」の場合は4枚まで。

光と構図の自由な表現。AE/AFターゲット移動
???画面の任意の一点を指定し、露出決定とピント合わせが行える。AEとAFのターゲットを同時、または一方を選んで移動でき、スポットAEやスポットAFが可能。カメラを振ってAEロックやAFロックができない三脚使用時、被写界深度の浅い開放でシビアにピントを合わせたいマクロ撮影時、光の表現と構図の自由度が高まる。

■表現力の解放
シャッタースピード優先AEを新搭載。充実の露出モード
???従来のプログラムシフトモード、絞り優先モードなどに加え、シャッタースピード優先モードを新たに搭載。被写体の動きをとめたいときや、流し撮りで躍動感を表現したいときなど、動感のコントロールを重視した撮影スタイルに対応。

像面湾曲の克服、新方式採用のマクロモード
???最短撮影距離は約1cm。通常のフォーカシング時は移動しないレンズ群の一部を近接撮影専用位置に切り替える方式を新たに採用。レトロフォーカスタイプの広角レンズで問題となりがちな近接撮影時の像面湾曲を補正し、画面全体で高い描写力を発揮。

目で見た印象の記録。ダイナミックレンジダブルショット
???ダイナミックレンジダブルショットは明暗差の大きいシーンで、白とびや黒つぶれを防ぐ機能。高輝度側、低輝度側それぞれの再現性を考慮し、露出のちがう2枚の画像を連続撮影。それぞれの適正露出部分を自動的に合成。これにより、ダイナミックレンジが最大12EV相当まで拡大。撮影時に見た印象と近い描写が得られる。
※三脚を使用してください。また、動きのある被写体は、鮮明に撮影できません。
※条件によって、効果の出かたが異なります。

新鮮な視覚の体験。アスペクト比1:1モード
???アスペクト比を1:1に設定可能。正方形フォーマットならではの構図の新鮮感、視野を制限することで際立つ被写体の存在感が、表現の楽しみを広げる。

画像の仕上がりをコントロール。画質パラメータ
???画像設定に「個別色設定」を追加。「オレンジ」「グリーン」「スカイブルー」「レッド」「マゼンタ」のそれぞれの色に対して色相と彩度を5段階で設定可能。自分好みの色調に変更することができる。また「ビビッド」を選択すれば、彩度が高く硬質な画像が簡単に撮影可能。

軌跡の表現。フラッシュのシンクロ設定
???フラッシュの発光タイミングを設定可能。ポートレートなど、一瞬の表情を確実に捉えたいときは[先幕]に。一方、暗いシーンで、光の軌跡を自然に表現したいときは[後幕]が有効。また、明るいシーンでも、動く被写体をナチュラルな動感で記録することができる。

光と影の自由な演出。フラッシュマニュアル発光量
???フラッシュの発光量を12段階(FULL〜1/64)で設定できる。被写体と背景の明るさを、どちらもバランスよく表現。背景を暗く引き締め、被写体の表情や存在感を際立たせる。その場の光の条件と表現意図に、きめ細かく対応することが可能。

明るさとメリハリを、PCレスで追いこむ。レベル補正
???撮影した画像の明るさとコントラストを、カメラ単体で補正。[AUTO]なら微妙な補正もカメラまかせ。さらに[MANUAL]では、ヒストグラムを操作して直観的かつ自由な明度・コントラスト調整が可能。補正した画像は新規ファイルとして保存でき、オリジナルの画像が残せるので安心。また、ひとつの画面で補正前後の2画像を比較できる。

撮影の確実性を高める。3種類のブラケット
???オートブラケット機能は3種類を用意。オートブラケットは露出のずらし量を0.3EVと0.5EVから選択できる。また、ホワイトバランスブラケットは、デリケートな色彩にこだわる場合や特殊な光源下での撮影に便利。さらに、カラーブラケットも搭載。ひとつのシーンを白黒とカラー、印象の異なる仕上げで手にすることができる。いずれも一度の撮影で複数の画像を生成するため、シャッターチャンスを逃さず、かつ表現意図にマッチした画像が的確に得られる。

■意思に従う操作性
大型・高精細。画像が美しい3.0型VGA液晶
???3.0型のゆとりある大きさとVGAの高解像度により、液晶パネルの表現力が向上。色再現範囲はsRGB比100%。これにより、フレーミング時の画像のリアリティ、画像の検索や撮影情報の確認、機能設定のしやすさが大幅に高まった。
※視野角は上下左右方向とも約160度です。
※ひとつの画面に最大81枚を表示。画像の検索性が向上。情報表示画面 画像と撮影情報をわけて表示。両者の視認性が向上。
※画像と撮影情報をわけて表示。両者の視認性が向上。

作品に安定感をもたらす、電子水準器
???風景や夜景の撮影では、水平出しの手がかりとなる基準線がなかったり、見えにくかったりして、カメラの傾きに気づきにくい。このなとき、電子水準器が効果を発揮。すばやく正確な水平出しで、緊張感のある作品を得られる。また、外部ファインダー接眼時でも、カメラの傾きを音で把握することが可能。
※水平インジケーターは、画像モニターがマーク表示またはヒストグラム表示のときに表示されます。

最大3セットまで登録可能になった、マイセッティング
???モードダイヤルを回すだけで、数々の撮影機能を瞬時に設定・切り替えられる[マイセッティング]。その登録可能セット数を3セットに拡充。より幅広い撮影テーマや表現意図に対応が可能。

最大6種類の設定パターンを保存できる、マイセッティングBOX
???あらかじめ[マイセッティング]を6種類まで[マイセッティングBOX]に保存可能。必要なセットを選び、すばやくモードダイヤル[MY1]〜[MY3]に割りつけられます。各セットに任意の名称をつけられるので、選択は容易かつ確実。

ダイレクト操作の進化、2つのFnボタン
???ワンプッシュで必要な機能にアクセスできるFn(ファンクション)ボタンを2つに拡充。それぞれによく使う機能を設定でき、ダイレクトな操作性が高まる。
※[マイセッティング]ごとに異なる機能を[Fn1][Fn2]に登録することも可能。
※セルフタイマー機能は[Fn2]に設定されています。
※[Fn1][Fn2]の登録内容は、撮影画面上で随時確認可能。

使いやすさへの回答。操作部材の機能カスタマイズ
???写真家にとって最も自然な操作感が得られるよう、アップダウンダイヤルおよびADJ.レバーの機能を設定可能。より指の移動を抑えた直感的な操作が可能となり、撮影・再生の機動性が高まる。

画像確認を効率化する、ワンプッシュ拡大再生
???再生モードでADJ.レバーをワンプッシュするだけで、あらかじめ設定した拡大率で拡大表示が可能。これにより、1段ずつ拡大率を変える煩わしさが解消。記録サイズやプリントサイズを考慮した適切な拡大率を設定しておけば、画像チェックをよりスピーディに済ませられる。

多彩な撮影テーマに対応する、3種類のグリッドガイド表示
???縦横3分割のグリッドに加え、対角線の入った4分割グリッド、中心視野を確保した2分割グリッドも新たに用意。建築物や商品の撮影には画面センターが明確な対角線入りグリッド、動く被写体は被写体を捉えやすい2分割グリッドというように、被写体に応じて使い分けが可能。

■信頼に応えるデザイン&拡張性
高い携行性とグリップ感、GRデザイン
?「常にシャッターチャンスに備え、確実に記録する」というカメラの本質から生まれた、伝統のデザインを継承。ポケッタブルなフォルムと手に吸いつくようなGRグリップはそのまま、入念な作り込みによって品位と操作性を向上させた。

優れた信頼性、マグネシウムボディ
???軽量かつ高剛性なマグネシウム合金を外装に採用。衝撃に強く、耐久性に優れたボディを実現している。また、デジタルカメラにとって重要な放熱性、電磁シールド性もハイレベル。写真家の酷使に耐え、高い動作精度と安定性を発揮。


さらに詳しい情報はコチラ★


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D ボディ EOS7DCanon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D ボディ EOS7D


レンズは付属しません。別途お買い求め下さい。◆高速・高精細画像処理を可能にするデュアル DIGIC 4 ◆約1800万画素CMOSセンサー(APS-Cサイズ)◆最高約8コマ/秒連写。◆高画素と高感度を両立。常用ISO感度100〜6400◆視野率約100%&倍率約1.0倍の光学ファインダー /

私個人としましては鉄道写真撮影用カメラの決定版です。 2009-12-14
従来の40D、50Dも鉄道写真撮影に重用してきましたが7Dを導入してからは手持ちでAISERVO AFで機動力を生かして撮ってよし、

三脚に据えて置きピンしてじっくりお目当ての列車を待つもよしと縦横無尽の撮影態勢をとることが可能になりました。

後者の撮り方ですと別段40D50Dでも問題無かったんですが前者のような撮り方ですと今ひとつAFの追随性能に不安があったもので。

加えて今回から測距点をグループ化しての動体予測AFも可能になったのでピントを合わせ続けたい被写体が画面中央にない

場合の追随性能も格段によくなりました。実際動体予測AF+連写で撮った際ピント外しを理由としたNGコマは激減したと実感

しています。



加えて露出不足で後処理前提で妥協せざるを得なくなっていた場面でも高感度特性の改善により、後処理に頼らなくても

かなり使える画像をJPEG出力してくれます。以上、私個人の用途ではこれ以上ないほどの仕上がりのEOS 7Dです。

画素数は50D+αの16Mほどでもよかったんではないか、モードダイヤルの方式をEOS-1D準拠にするか、ダイヤルロックを

付けて欲しかった等細かい注文はありますが私のような用途で最初の一台を考えている方には真っ先にお勧めしたいカメラです。


さらに詳しい情報はコチラ★


Canon デジタルカメラ Power Shot G11 PSG11 |

Canon デジタルカメラ Power Shot G11 PSG11Canon デジタルカメラ Power Shot G11 PSG11


◆写真表現の可能性を広げる「デュアルクリアシステム」◆ズーム操作で迫力を自由に演出できる「5倍ズーム&28mm」◆近距離から撮ってもピントが合う「1cmマクロ撮影」 /

目覚めたキャノン!! 2009-12-11
ついにキャノンが目覚めた!

高画素化が進むコンパクトデジタルカメラの無意味な進化にストップ!



潔い1000万画素による高感度画質の美しさはG10とは段違いです。

高感度だけでなく通常の画質の色の捕らえ方が全然違います。

とにかく画質に余裕があります!



すっきりクリアフォトの威力も素晴らしく本当に大きな進化を遂げました!

階調も素晴らしくG10までの絵作りの姿勢とはかなり違います。

ダイナミックレンジが圧倒的に広がっています。

暗い室内から窓の外の景色を撮っても黒つぶれも白飛びも許容範囲に収まる!

CMOSセンサーを余裕を持って使用し、DIGIC4が信号を処理する。

なぜG10の時点でこの方向に進んでくれなかったのか・・・。残念・・・。



ともあれG11は素晴らしい。

でかい理由もある。ダイアルが多い理由もある。バリアングル液晶の理由もある。

すべて訳があってのデザインと重量である。

これでこそキャノンのパワーショット、私のG10でのレビューを嘲笑うかのような

素晴らしいカメラです。


さらに詳しい情報はコチラ★


Canon デジタルカメラ Power Shot S90 PSS90 |

Canon デジタルカメラ Power Shot S90 PSS90Canon デジタルカメラ Power Shot S90 PSS90


◆暗い所での撮影にも強い、明るい「F2.0 28mレンズ」◆接写もくっきり撮れる「5cmマクロ撮影」◆絞りや感度などを指先で調整できる「コントローラーリング」 /

大当たり商品 2009-12-19
昨年、2万円ほどのデジカメを購入しましたが、のっぺりした画像が

映るだけで、すぐ手放してしまいました。

S90は、久しぶりの大当たり商品でした。

紅葉や子供などかなり思った通りの雰囲気で撮れます。

(モードの選択は必要ですが)



ある程度きれいに撮りたい、しかし、真面目に深度優先・

シャッタースピード優先まで考えたくない人には、

最適の一台と思われます。


さらに詳しい情報はコチラ★


仮面ライダーW DXサウンド カプセルガイアメモリ / 全6種セット仮面ライダーW DXサウンド カプセルガイアメモリ / 全6種セット


仮面ライダーWに登場するガイアメモリがカプセルトイとしても登場。別売りの変身ベルト・DXダブルドライバーと連動!このカプセルガイアメモリだけのディケイドや1号もラインナップでコレクターは購入必至アイテムとなっています!
ラインナップ
・サイクロンメモリ
・ジョーカーメモリ
・ルナメモリ
・トリガーメモリ
・ディケイドメモリ
・1号メモリ


さらに詳しい情報はコチラ★


歯医者・歯科・インプラント・矯正・ホワイトニングの実績一覧(SEO-Blog)

本サイトは歯医者・歯科・インプラント・矯正・入れ歯の実績一覧(SEO-Blog)を掲載中。ご覧のとおり、インプラント・矯正・ホワイトニング・入れ歯などを扱う多くの歯医者・歯科にご利用いただいております。