Nikon デジタル一眼レフカメラ D5000 ダブルズームキット D5000WZ |

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5000 ダブルズームキット D5000WZNikon デジタル一眼レフカメラ D5000 ダブルズームキット D5000WZ


撮影アングルを自在に調整できる、バリアングル液晶モニター採用。撮る自由と楽しさが広がる、ニコン デジタル一眼レフカメラD5000

有効画素数12.3メガピクセルのニコンDXフォーマットCMOSセンサー
???撮像素子には、同社上位機種と同等の有効画素数12.3メガピクセルのニコンDXフォーマットCMOSセンサーを採用。高画質と高速読み出しに優れ、きわめて高精細な画像をスピーディに提供。


暗い場所やスポーツの撮影に応える高感度ISO 3200対応
???ISO200からISO3200まで幅広い感度で撮影可能。また、Lo1(ISO100相当)までの減感やHi1(ISO6400相当)までの増感設定もできる。ISO800以上での撮影時にはノイズ低減機能が作動し、暗い場所での撮影や動きの激しいスポーツシーンの撮影などに効果を発揮。

ニコン独自の「EXPEED」コンセプトに基づいた新開発画像処理システム
?「EXPEED」は、ニコンが長年にわたって培ってきた、きれいなデジタル写真に対する考え方やノウハウ、テクノロジーを集大成した独自の画像処理コンセプト。高精細化、高画質化はもちろん、高速連写や高速カード書き込み、高感度撮影時のノイズ低減やライブビュー撮影時のコントラストAF、倍率色収差補正などを実現する。12.3メガピクセルの撮像素子の性能をフルに引き出し、豊かな階調表現、鮮やかな色彩表現で“きれい”な写真を撮とることができる。


くるりと回転、自由に撮影アングルを変えられる2.7型バリアングル液晶モニター
???高精細約23万ドット、視野率100%の2.7型液晶モニターを搭載。液晶モニターは、手前に180°開き、開いた状態で反時計回りに180°、時計回りに90°までくるりと回転する。液晶モニターを見ながら撮影できるライブビューとの組み合わせで、いままでにないローアングルやハイアングルから、自由に被写体を狙うことができ、写真を撮る楽しさが一段と広がる。自分撮りも可能。


コンパクトデジタルカメラのように、モニターを見ながら写せるライブビュー撮影
???ライブビューボタンを押すだけで、液晶モニターを見ながらのライブビュー撮影ができるので、デジタル一眼レフカメラが初めての方でも安心。バリアングル液晶モニターだから、自由なアングルから被写体を狙える。ローアングルでのフレーミングもしやすく、動き回る子供やペットも簡単に楽しく撮影可能。また、カメラを横位置にしても縦位置にしても、モニターがじゃまにならずしっかり両手でグリップできる。


ライブビュー撮影時は、高精度コントラストAFを採用。撮影シーンに合わせて4つのAFモードを選べる

・ターゲット追尾
???指定した被写体をカメラが記憶して、被写体が動いても自動的に追尾。しかも、被写体がフレームから一瞬外れても、再びフレームに入ったときに自動的に被写体を再追尾。

・顔認識AF
???人物の顔を最大5人までカメラが認識し、いちばん近いと認識した顔にピントを合わせる。フレームの中で人が移動しても、カメラが顔を追尾して、しっかりピントを合わせる。

・ノーマルエリアAF
???ピンポイントでピントを合わせたいときにぴったり。また、三脚を立てて、かっちりと構図を決めて撮影するときにもこのモードで。AFエリアは、画面内で自由に移動可能。

・ワイドエリアAF
???AFエリアが広いので、手持ちでのアクティブな撮影に便利。AFエリアは画面内で自由に移動できるので、思い通りの構図でAF撮影ができる。

動画撮影機能「Dムービー」搭載。撮った映像はHDTVでも楽しる
???動画撮影ができるのもD5000の大きな魅力の一つ。多彩な交換レンズを使ってデジタル一眼レフカメラならではの動画撮影を。一般的なビデオカメラに比べ撮像素子が大きいので、背景のボケを活かした撮影も可能で暗い場所でもきれいな動画が撮れる。カメラ本体にスピーカーを内蔵しているので、撮った映像をその場で見ることも可能。もちろん、高精細テレビ(HDTV)や通常のテレビ、パソコンなどでも見て楽しめる。

シーンモードで、思いどおりの写真がすぐに撮れる
???シーンモード撮影なら、そのシーンにあった設定で美しい写真が簡単に撮れる。ポートレートや風景などよく使う6種類のシーンモードは、撮影モードダイヤルから選べ、その他の13種類のシーンモードは、撮影モードダイヤルを「SCENE」に合わせて、コマンドダイヤルを回して選べる。例えば、夕焼けの写真を撮りたいときは、「夕焼け」モードを選択すれば、情感のある夕暮れの風景を美しく表現できる設定になる。後は構図を決めてシャッターを押すだけ。素早く、簡単に、イメージどおりの写真を撮ることが可能。


・撮影モードダイヤルから選べるシーンモード:
???ポートレート/風景/こどもスナップ/スポーツ/クローズアップ/夜景ポートレート
・撮影メニューから選べるシーンモード:
???夜景/パーティー/海・雪/夕焼け/トワイライト/ペット/キャンドルライト/桜/紅葉/料理/シルエット/ハイキー/ローキー

撮った画像をすぐに探せる、豊富な再生表示
???撮った画像は液晶モニターですぐに確認。その際、モニターに表示する画像の数を1コマ、4コマ、9 コマ、72コマから選べる。さらに、画像を撮影日ごとに見やすく表示する「カレンダー表示」やRGBの「ヒストグラム表示」も可能。「拡大ヒストグラム表示」では、画像の拡大領域のヒストグラムも表示できる。


KissX3との比較で 2009-12-24
自分ではNikon D5000のダブルズームキット,

職場の手作り広報ではCanon Kiss X3のダブルズームキットを使用しています。



それぞれ2ヶ月程度使用して比較した感想です。



D5000の○

・様々な設定が直感的に行いやすい(操作ボタンがディスプレイ左右に配置されているおかげ?)

・カメラ,レンズの質感が高い

・バリアングルモニターは想像以上に面白い画を撮る事ができる

・AFが迷いにくく,一度決まれば食いつきがよい

・シーンモードが多彩で,難しいことを考えずに撮りたい人でも綺麗な画が撮れる

・本体の編集メニューが豊富

・取り扱い説明書が読みやすく,初心者が無駄な参考書を買う必要がない

・露出ディレーモードは三脚を使っての撮影で非常に有効



Kiss X3の○

・AFが速い

・D5000より軽い

・付属望遠ズームのテレ側250mm(D5000は200mm)

・付属ソフトウェアの操作性はnikonより良い

・液晶画面がきれい。



D5000の×

・Kiss X3より重い

・液晶の画素数が27万と少なく,確認画面は構図確認程度にしか使えない。

・ViewNXはインターフェースに改善の余地あり



Kiss X3の×

・AFが迷うことがD5000よりも多い

・軽い分,ボディがチャチで頼りなく感じる

・設定がしづらい

・高感度にやや弱い





ムービーは全然使わないのでノーコメントです。

色々書きましたが,初めてデジイチを所有する人であれば,

どちらとも新しい世界を教えてくれるカメラだと思います。

個人的にはD5000のほうが気に入っています(単純所有効果かもしれませんが)。

画素数の比較で気にされる方がいますが,よほど引き伸ばさない限り有意差はありませんし,

むしろ画素数が上がることで高感度特性が犠牲になることのほうが問題だと思います。


さらに詳しい情報はコチラ★


歯医者・歯科・インプラント・矯正・ホワイトニングの実績一覧(SEO-Blog)

本サイトは歯医者・歯科・インプラント・矯正・入れ歯の実績一覧(SEO-Blog)を掲載中。ご覧のとおり、インプラント・矯正・ホワイトニング・入れ歯などを扱う多くの歯医者・歯科にご利用いただいております。