新型ティアナのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報) |

新型ティアナのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)新型ティアナのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

三栄書房 刊
発売日 2008-06


カーデザインのモデルハウス的存在 2008-06-27 セフィーロとローレルを廃止して一本化したティアナが2代目へと進化した。
これはインテリアデザインをテーマにしつつも、それなりに成功した初めてのクルマではなかったかと思う。かつてマツダから「ペルソナ」というクルマが発売されていた。ペルソナは「インテリアイズム」をテーマとして、かの大女優・イングリッド・バーグマンをイメージキャラクターとしたり、CMなどにもボディスタイルをあまり出さず、インテリアを大きくフューチャーした珍しいクルマであった。しかし、このクルマはあまりウケなかった。
しかし、チャールズ&レイ・イームズを中心とした静かなインテリアデザインのブームに乗ってデビューしたティアナは結構ウケた。外観デザインも垢抜けていたのも良かった。また、デザインばかりに目がいきがちだが、ハンドリング、足回り共にしっかりしているクルマであった。この辺りは日産車らしい美点だと思う。
ただ惜しいかな、4駆モデルが直列4気筒モデルにしか用意されない点である。恐らくはメカをスペースに収める都合上であろうが、ここは何とかして欲しかった。アウディやメルセデスを見ると上級モデルでも4駆(アウディはクワトロシステムを謳い、その傾向が強いが)がラインナップされて、「プレミアムモデルは4駆」というモデルが多いし、レクサスでも最上級のLSのハイブリッドモデルは4駆だから、2駆も大事にしつつも同じく4駆も大事にして欲しかった。ここはマイナーチェンジでも難しい点だろうから、次期モデルに期待すべきであろうか?
さらに詳しい情報はコチラ≫


歯医者・歯科・インプラント・矯正・ホワイトニングの実績一覧(SEO-Blog)

本サイトは歯医者・歯科・インプラント・矯正・入れ歯の実績一覧(SEO-Blog)を掲載中。ご覧のとおり、インプラント・矯正・ホワイトニング・入れ歯などを扱う多くの歯医者・歯科にご利用いただいております。