新型ランドクルーザーのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報) |

新型ランドクルーザーのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)新型ランドクルーザーのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

三栄書房 刊
発売日 2007-09-01


砂漠のレクサス? 2007-09-24 1998年にデビューしたランドクルーザー100がモデルチェンジされてランドクルーザー200がデビューした(何故かメーカーでは「200」は車両の名称では無いと言い張るが...)。
100の時はとにかく盗まれやすいので有名だった。愚生の伯父も100を所有しているが、2回程盗まれかけた事があり、ハンドルロック等の防犯対策を施したそうだ。盗まれやすいこのクルマは海外でそれだけ需要があるという事だ。つまり舗装路の少ない海外ではやはり堅牢さと悪路走破性が必要である。この最新の200に至ってもライバル達はモノコックシャシーに改めたのに対し、こちらは今だにラダーフレームを採用している。それが信頼性にも繋がっているのだ。
また全幅、全長ともに拡大された。確かに大きさはあまり関係無い国が多いが、そういう国向けにはメガクルーザーがあるハズだし、こちらの200は3ナンバーでも良いから多少は小さくした方が日本では有り難みがあっただろう(そういう人向けにはプラドをどうぞと言われるだろうが)。
エンジンバリエーションはディーゼルが落とされ、V8ガソリンのみのグレードは2グレードに絞られた。そろそろディーゼルに対する風当たりも弱まってきたから、出来のいいディーゼルエンジンを搭載して欲しい。この手のクルマには瞬発さよりもトルクの太さの方が必要だ(ちなみに先日発売された新型エクストレイルには来年ディーゼル仕様が追加されるらしい)。
値段も安いグレードで470万円と案外リーズナブルで、レクサスでいえばISを買う値段で買える。モノの価値観の違いだが、あの巨体でV8エンジン、しかも本格的4WDなので、レクサスよりは割安に思える。...かと言って質感も安っぽいという事は無かろう。100でも大味には思えなかったから、200ではその点が向上しているのは間違い無い。でも、もしこれで先代のシグナスの様なモデルが追加されれば「鬼に金棒」であろう。
最近、ポルシェ・カイエン、VWトゥアレグ、ボルボXC90などのプレミアムSUVが増えているが、こういうクルマで馬鹿っ速く、エラそうに走るのは好ましくない。やはり悠々とその名の通りクルージングするのが相応しいクルマだ。
さらに詳しい情報はコチラ≫


歯医者・歯科・インプラント・矯正・ホワイトニングの実績一覧(SEO-Blog)

本サイトは歯医者・歯科・インプラント・矯正・入れ歯の実績一覧(SEO-Blog)を掲載中。ご覧のとおり、インプラント・矯正・ホワイトニング・入れ歯などを扱う多くの歯医者・歯科にご利用いただいております。